権利収入を得る方法 賢いネットワークビジネスのやり方




権利収入を得る方法 賢いネットワークビジネスのやり方


スキルが学べて尚且つ権利収入を得る方法

権利収入 1 ブログ用.png


収入には、2つのタイプがありますね。


1つは、労働収入
もう1つは、権利収入です。


この2つの収入源の違いを、
知っているか、知らないかで大きな差が出ます。


この違いは、
これからのあなたの収入に
きっと大きな影響を与えるでしょう・・・


スキルが学べて尚且つ権利収入を得る方法



なので、
この2つの収入の違いがよくわかる
「村で一番のお金持ちになることを目指す、2人の若者」
の動画をシェアします。


Pablo&Bruno / パブロとブルーノの物語



いかがでしたか?


バケツで水を汲んできていた若者の収入が労働収入。
パイプラインを作った若者の収入が権利収入です。


年を取るごとに、どんどん体力が落ちていくにも
かかわらず、朝から晩まで働き続けないといけない人


まるで、
バケツで山奥に水を汲みに行っていた若者と同じような
人生!


どう思われますか?


権利収入を得る方法 賢いネットワークビジネスのやり方


ある人は、働き続けなければ、生活することができない
状態にならないように、セールスライティングのスキル
を磨くことにしたのです。


なぜ、セールスライティングのスキルを磨くことにしたのか?
理由は簡単です。


セールスライティングのスキルは、
権利収入を作り出すことができるからです。


自分の代わりにセールスレターが
お客さん候補の人にセールスをしてくれるからです。


つまり、二人の若者の話で言えば、
村に水を運んできてくれるパイプライン、
それがセールスレターです。


あなたのところへ自動的にお客さんを
運んできてくれるものがセールスレターなのです。


ですので、
売れるセールスレターを1枚書くことができれば、
権利収入をつくることができるのです。


私が書いたセールスレター(記事)で、
Facebookメルマガ登録者が1078人
無料メールセミナー受講者が540人
もいるのです!



私の記事に目を触れた人はもっと多くいるでしょう。


つまり、自分の代わりに1600人以上の人に
営業をしてくれて、
お客さんを運んできてくれているのです。


もし、1人1人に直接会って、
セールスをしていたら、

1日2人がいいところでしょう。


ですので、

約800日ですから、

26か月、つまり2年2ヶ月ほどの時間がかかることになります。


ですが、セールスレター(記事)を1つ書いて、
Facebook等にアップすれば、
あとはアクセスを流すだけで、
僅かな時間で1600人にセールスをすることができるのです。


これが正に権利収入を得る方法なのです。


私がやってるネットワークビジネスなら、セミナーなしで、
完全在宅でできます!



人を誘わず、インターネットが集客してくれます。


ですので、余計な時間とお金はかかりません。


権利収入を得る方法 賢いネットワークビジネスのやり方

スキルが学べて尚且つ権利収入を得る方法



ネットワークビジネス 上手なダウン獲得法

ネットワークビジネス 成功する人と失敗する人の共通点とは

ネットワークビジネス 断り方はどうすればよいか?

ネットワークビジネスの仕組みを知ろう!

あなたお使いの化粧品売上ランキング何位かご存知ですか?

ネットワークビジネス 報酬プラン 種類について

ネットワークビジネスの勧誘方法は?

50代会社員の年収とお金の悩みと素敵な生き方とは

なんでサプリが必要やねん

ネットワークビジネスでのサプリメントの伝え方

ネットワークビジネス ランキング 2017年

ネットワークビジネス 失敗する人・成功する人の共通点

ダイエットに効果抜群の散歩の仕方

オーガニックスキンケアシリーズ

ライフプラスの基本理念とは

ライフプラスの歩み

ネットワークビジネス 会社 種類はいっぱいありますね!

日本人死亡原因1位は男女ともガン

ネットワークビジネス 女性の成功者が多い理由

ネットワークビジネス 50歳以上の超簡単な活用法

ネットワークビジネス 新ダウン獲得法が開発された!

ネットワークビジネス 副業で権利収入を得る賢い方法

子育て主婦が仕事探しで選ぶならこれです。

主婦のお小遣い稼ぎ 在宅で稼ぐ方法

ちゃんと食事をとっているのでサプリは要りません

ネットワークビジネス 無理せずダイエッ

ネットワークビジネス 成功するカギとは?

2017年ネットワークビジネスランキング日本国内

副業解禁 なぜ政府がしたのか、その真相とは?

facebookの集客術で稼ぐ方法

自己紹介ページ




この記事へのコメント